菊芋を食べると体内が活性化される!

菊芋と体内の活性化について調べてみました。

 

活性、活性化というと、それまでうまく働かなかった物が、機能を回復して動き出すという、そんな感じだと思います。

 

 

ですから、体内における活性化なら、体内の各部、内蔵、あるいは細胞などの機能が回復します。

 

うまく働くようになる、という風に捉えていいかと思います。

 

 

それに、菊芋がどのように関係しているのか、貢献するのかを知りたいわけです。

 

ただ、生物学や医学の分野での活性化は、もっと具体的に酵素の働きを指し示すようです。

 

 

つまり、菊芋を食べると酵素の働きがよくなるか、あるいは、それとの関係と言い換えることが出来るかと思います。

 

酵素

菊芋の含まれる酵素は次のものです。

  • フェノラーゼ
  • イヌリラーゼ
  • インベルターゼ
  • プティナーゼ
  • ホスホリラーゼ

 

酵素には、二つの役割があります。

 

  • 私達が食べたものを腸の中で消化し分解する働き
  • 正常な代謝を助ける助ける

 

身体の維持には数多くの酵素が必要なんですけど、現代の食生活は、簡易化してきましたし、便利にもなっています。

 

反面、酵素不足が指摘されるようになりました。

 

 

ですから、これまで健康であった私達の身体に悪い影響が現れるようになります。

 

消化・分解酵素が不足すると腸内の善玉菌が減り、悪玉菌が増えてきます。

 

 

結果として、健康的な排泄が乱れたり、美容的にも問題が生じたりします。

 

具体的には、肌荒れとか肥満ですね。

 

 

さらに、血液もサラサラからドロドロとした状態になってきます。

 

食生活の乱れもそうですが、加齢による酵素不足は避けることはできません。

 

 

しかし、菊芋を摂るようになると、私達の身体の内部に変化が現れます。

 

菊芋は腸の中で善玉菌の餌となりますから、酵素不足の影響が減少するでしょう。

 

 

ですから、酵素不足による美容の問題も改善されて、健康促進が期待できるわけです。

 

結論

菊芋自体に、現代人が不足がちな酵素が含まれています。

 

さらに、菊芋を食べることによって、酵素不足による善玉菌の減少が緩和されます。

 

 

ですから、菊芋には体内の活性化に貢献していると言えると思います。

 

 

簡単に料理が楽しめて中性脂肪を下げたりできる菊芋パウダー・粉末もいいですよ!


/\