イヌリン

 

イヌリンは多糖類の一種で、菊芋、玉ねぎとかニラ、ごぼう、あざみなどのキク科の植物に含まれています。

 

イヌリンを多く含む食品
  • 菊芋
  • ごぼう
  • にら

 

イヌリンの働きにより、幾つかの健康効果が見られています。

 

代表的なものとしては次のようなものです。

 

健康効果

 

こんな方におすすめ

イヌリンの効果

イヌリンの働き

イヌリンは糖質でありますが、体内に吸収されません。
それで、ダイエット食品などに多く使用されています。

 

さらにイヌリンは水溶性の食物繊維で、腸内で水分を吸収してゲル化します。
これで、一緒に摂った糖質の吸収が抑制されるというわけです。

 

また、腸内をゆっくりと移動し、腸のぜん動運動を促進します。
イヌリンの分解は、腸内ではじめて行われ、フラクトオリゴ糖となり、

 

腸内で善玉菌のエサになり、腸内環境改善に役に立ちます。
ですから、統合すると、糖の吸収を抑制し血糖値の上昇を抑える働きがあり、糖尿病予防に効果的と言えるでしょう。

 

また、善玉菌を増やし、老廃物の排出を促すため、腸内の環境を整える効果も期待できます。

糖尿病予防効果

 

糖尿病かどうか判定するのにその指標に血糖値があります。
血糖は、血液中のブドウ糖で普通はその濃度が一定に保たれています。

 

その役割を担っているのが、インシュリン(インスリン)です。
インシュリンが不足するあるいは、その働きが弱くなったりして、

 

血糖値が大きくなることがあります。
その高い状態が、糖尿病なわけですが、水溶性食物繊維などは、

 

糖質の吸収を緩慢したり、イヌリンでは抑制する働きがありますから、
インシュリンにかかる負担も軽減することができます。

 

ですから、糖尿病予防が期待できるというわけです。

腸内環境を整える効果

 

イヌリンには、腸内の環境を整える効果があります。
イヌリンは腸内で分解されるとフラクトオリゴ糖として働きます。

 

これが、善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やし腸内の環境を整える効果が出てきます。
本来、私達の腸の中には、たくさんの種類と数の細菌が生息しています。

 

そして、善玉菌と悪玉菌そして日和見菌に分類されますが、
その割合が、腸内環境の良し悪しに大きく影響しています。

 

善玉菌が優勢になって、腸の調子がよくなるんですが、
その善玉菌のエサとなるイヌリンによって、腸内環境改善が期待できるというわけですね。

ダイエット効果

 

イヌリンは、水溶性食物繊維です。
それが腸のぜん動運動に働きかけますから、便秘の解消にも効果的です。

 

また糖質でも体内に吸収されません。
ですから、ダイエットにも効果的な成分として利用されているわけです。


/\